投稿

クワーク、絶体絶命(スタートレックディープスペースナイン レビュー / EP4-24)

スタートレックDS9シーズン4もほぼ終わりの、エピソード24。

健康診断で稀な致死性の病気にかかっていると宣告されたクワークが身辺整理を始めるところから意外な展開を見せるエピソードです。

(以下、ねたばれ含む)

■あらすじ
里帰りをしていたクワークがディープスペースナインに帰ってきたが、様子がおかしい。
ロムが話を聞く内に打ち明けたところに依ると、健康診断の結果、ドレク症候群という500万人に1人しかかからない不治の病で余命数日と宣告されたと告げる。

落ち込みながらも、死ぬ前の身辺整理をしようとするが、返さなければならない借金が大きすぎてどうにもならない。
フェレンギ人は死ぬと、故人の思い出のために体をばらして売るという習慣があるが、ロムは先物取引として生前に体の競売を行うことを提案した。
クワークは、自分の体が借金が返せるほどの値打ちがあるとは思っていなかったが、やってみることに。

入札は1件だけだった。
しかも、それはロムが全財産をつぎ込んだだけだったと分かる。
クワークは落胆するが、そうしているうちに、匿名でラチナム延べ棒500本という超高額の入札が入った。
クワークは、相手の気が変わらないうちに、と取引を確定してしまう。

借金返済を開始しようとしているクワークのところにベシアが伝言を持ってきた。
なんと、クワークがドレク症候群というのは診断の誤りだったという。
死なずに済むことが解り喜ぶクワーク。

だが、その夜、クワークの部屋のベルをしつこくならす者がいた。
開けてみるとFCAのブラントだった。
クワークの死体に高額の入札をいれたのはブラントだったのだ。
ドレク症候群が誤診だったことも知っているブラントだが、かつてクワークにしてやられたことから恨みを持っているので、契約通り体の引き渡しを要求する。
つまり、死ねというのだ。

ロムは契約の破棄を提案するが、フェレンギ人として契約は破れない。
クワークはガラックをたずね、自分を殺してくれるよう頼む。
しかしその夜の夢に、初代グランド・ネーガスのギントが登場し、やはり契約を破棄するように勧める。

クワークは意を決し、次の日、ブラントに契約を破棄する旨を宣言した。
ブラントはFCAの権限を行使し、全財産を没収、全ての商取引を禁止する通告をし去って行った。

失意の内に全てを没収された店で座り込むクワークのところに、ベ…

星に死の満つる時(スタートレックディープスペースナイン レビュー / EP4-23)

スタートレックDS9シーズン4のエピソード23。

今回はドクター・ベシアが活躍する話です。
活躍できたのかどうかは分かりませんが。

(以下、ネタバレ含む)

■あらすじ
ガンマ宇宙域を調査中に救難信号をキャッチしたキラ、ダックス、ベシアは発信元の惑星に降り立つ。
その惑星は荒れ果てており、人々も豊かな生活をしているようには見えなかった。
顔中に赤い傷のある女性が、苦しみながら出てくる。
ベシアは痛み止めを施し、女性の頼みに従い病院に連れて行くことにした。

しかし、そこは病院とは名ばかり、治療ではなく安楽死を行う施設だった。
この惑星はかつてはフェデレーションのように栄えていたが、ドミニオンに逆らったため、生まれつき「テプラン・ブライト」という病気に感染するよう、ドミニオンに仕組まれていたのだった。

ブライトはいつ発病するかわからないがたいていは子どもを産む前には発病する。
発病すると治療は不可能で、激しい痛みを伴い死に至る。
そのため、ここの人たちは治療は既にあきらめており、発病したら安楽死を行うようになっていた。

これに納得のいかないベシアは治療法を見つけようとする。
キラはディファイアントがジェム・ハダーにみつからないよう、少し離れた星雲で待機し、1週間後に迎えに来ることにした。
ベシアは1週間の間に治療法を見つけようと奮闘する。

たまたま出会った現地のエコリアという女性の家に住み込みで研究を続けるベシアとダックス。
エコリアは妊娠しており、子どもと一緒に生き続けたいと語った。

しかし、ベシアの最初の研究は失敗に終わる。
治療法が見つかったと思いかけたときにウイルスが変異し、ベシアのところに来ていた患者たちは次々に死んでいった。
ベシアの使っていた機械の影響でウイルスが変異してしまったことが後でわかり、愕然とする。

キラと約束した1週間では治療法は見つからず、簡単に、傲慢に考えていた自分を反省したベシアは、さらに残って研究を続けた。

エコリアは発病し、死期が近づいてくる。
おなかの子どもが生まれるまで持つかどうか、という状態だった。
ベシアはエコリアを看病しながら研究を続けていたが、おかしなことにエコリアに抗原を注入したのに、その痕跡がなくなっていることに気づく。
免疫機能が拒否反応を起こしているようだと結論づけ、治療薬は完成しない。

出産の時が来た。
エコリア…

スーパーファミコン ミニの抽選結果。。。

予約開始当日、ヨドバシのサイトに9時にアクセスするも、重くてなかなか進まず何度も行き来している内に終了。。。
Amazonやオムニセブンなど他のサイトでの予約はタイミングが分からず参戦できず。

仕方ないので抽選となっているサイトにいくつか申し込みました。
今日9/21は、そのうちの1つビックカメラの抽選結果が届きましたが、、、、落選。

うーん、これ倍率どのくらいなんでしょうね。

それにしてもネットでは、予約開始当日からオークションに高値で出品されていたり、Amazonでも怪しい業者が定価の倍以上とかの高値で販売していたりと、そういうのを見るだけでもげんなりですわ。
ちなみに、現時点でヤフオクを検索すると、約900件出てきます。
複数出品しているアカウントもありますね。
全員くたばれ。
っていうか全員垢banしてくれ。

オークションに入札があるようですが、僕はどんなに欲しくても転売屋に利益を出させることは反対です。
って言っても、なかなかなくならんよね、コレばっかりは。
でもほんと、こういうお金ってのは良くないところに流れる可能性もあるし、今後も続く原因にもなるし、結構深刻に対策が必要な問題だと思われます。

戦士の宿命(スタートレックディープスペースナイン レビュー / EP4-22)

スタートレックDS9シーズン4のエピソード22。

ディープスペースナインがジェム・ハダーに襲われ機材を奪われ、シスコたちは敵を追ってディファイアントでガンマ宇宙域に侵入。
久々(?)の戦闘ですね。

(以下、ネタバレ含む)

■あらすじ
ディープスペースナインがジェム・ハダーの奇襲を受け、資材が奪われる。
敵を追ってディファイアントでガンマ宇宙域に入ったシスコたちは、襲撃した部隊とは別のドミニオンの部隊と遭遇する。
1人のボルタ人とジェム・ハダーの兵士たちから成るその部隊は、ディープスペースナインを襲撃した部隊を追っていた。

ディープスペースナインを襲撃したジェム・ハダーは、遙か昔に銀河を支配したアイコニア人が残したゲートウェイ(超長距離にも対応出来る転送装置)の遺跡を発見し、創設者に渡すことなく修復して独占しようとしている反乱者たちだった。
反乱者たちがゲートウェイを手にすればドミニオンは深刻な内乱に陥る可能性があることから、討伐部隊が派遣されたのだった。

シスコらにしてもジェム・ハダーがゲートウェイを手に入れることは看過できないため、ゲートウェイを破壊するという共通の目的の下、討伐隊のジェム・ハダーらと共同戦線を張ることになる。

好戦的で文化の異なるジェム・ハダーとは、主にウォーフが対立、指揮権を巡ってはシスコとジェム・ハダーの隊長の鍔迫り合いもありながら、訓練を続け、反乱者を追う。

反乱者の基地に近い森に降り立つシスコたち。
ゲートウェイの妨害派によりフェイザー銃が使用不能となってしまったため、斧を武器に格闘戦で突入する。
多大な犠牲を出しながらも中枢部に到達し、ゲートウェイの破壊に成功した。

討伐隊は残りの反乱者を掃討するために残り、シスコらディープスペースナインの部隊は撤収した。


■感想
ゲートウェイとかアイコニアというのは、新スタートレックの終盤に出てきたものです。

宇宙全体にわたって基本デザインの似たヒューマノイドタイプの種族が広がっている事についてのSF的な説明として登場したもので、それによると、およそ20万年前に滅びたアイコニア人が将来の平和を願って、ヒューマノイドの遺伝子を宇宙中にまいたという事になっています。
各種族はそこから進化したために、基本的な類似点が多いという理屈ですね。
・・・もっとも真面目な話、地球の人類の祖先はもっと前に登場している…

裏切り者は誰だ(スタートレックディープスペースナイン レビュー / EP4-21)

スタートレックDS9のエピソード21。

DS9にマキのスパイが潜んでいる疑いが浮上し、シスコが交際中のイェイツ艦長が最初に疑われます。
お互い疑心暗鬼に成りながら操作が進む緊迫したストーリーで、見応えがありますね。

また、サイドストーリーではDS9に移り住んだジヤル(ガル・ドュカットの娘)のその後も描かれます。

(以下、ネタバレ含む)


■あらすじ
政権が交代し内部での混乱が続くカーデシアはクリンゴンとマキの攻撃により、荒廃が進んでいる。
フェデレーションは再建を支援するため、クラス4のレプリケーター12機を支給することに決めた。

カーデシアへの輸送途中にマキに奪われる危険性を考え、警備を厳重にするシスコに、DS9にマキに物資を密輸しているものがいる可能性があるという報告が成される。
オドーとエディントン少佐によると、第一の容疑者はシスコが交際中のキャシディー・イェイツだった。

イェイツを信頼しているシスコだが、そう言われるとどうしても疑ってしまう。
さらに、会話をするうちにやや不審な点にも気づき始める。
DS9では密輸を見つけるために、検疫にかこつけた積み荷のチェックを始めていたが、イェイツはランデブーの予定を理由に時間のかかるこのチェックを拒否。
シスコに個人的に回避を依頼し、シスコはこれを認めてしまう。

果たして、イェイツ艦長の船ゾザを尾行したディファイアントは、ゾザがマキの船とランデブーし、物資を転送したことを確認した。

次のゾザの航海予定に合わせてディファイアントは再び備考を行い、マキの船を捉える作戦を立てた。
普段はDS9に残るシスコもこの時は同行する。
しかし、いつまで経ってもマキの船はランデブーポイントに現れない。
イェイツが密輸を行っていたことは確かだが、イェイツが関わっているとなるとシスコも同行せざるを得ないと読んだスパイが、DS9をカラにするための策略だった。

黒幕はエディントン少佐。
ステーションに残っていた彼は部下に極秘任務だと念を押し、DS9全体の通信を一切禁止。レプリケーターを盗み逃亡した。

逃亡中に通信してきたエディントンは、シスコに対し、フェデレーションの方針を批判する。
シスコは艦隊の誓いを破ったエディントンを厳しく非難し、袂を分かった。

イェイツ艦長はクルーをマキに下ろし、自分一人で帰還した。
シスコは保安部員を呼び、彼女を逮捕…

二人の女神(スタートレックディープスペースナイン レビュー / EP4-20)

スタートレックDS9シーズン4のエピソード20。

またまた登場、ラクサナ・トロイ、今度は妊娠した、と。
しかし、子どもについて夫と意見が合わずにオドーに助けを求めに来たというお話です。
ん~、正直言うと、あんま面白くない。(笑)
「二人の女神」の二人とは、サイドストーリーのオナヤも入れて二人の女性が活躍するということでしょうか。

(以下、ネタバレ含む)

■あらすじ
久しぶりにディープスペースナインを訪れたラクサナ・トロイは、タヴニア人の夫との間に子どもができたという驚きの報告をする。
おめでたいことなのだが、問題が1つ。
タヴニア人の風習で、子どもは16歳になるまで同性の親の元でくらし、異性の親からは引き離されるという。
それを嫌ったラクサナはディープスペースナインまで逃げてきたのだった。

オドーはタヴニア人の風習をしらべ、正確には「男の子は、母親の夫と暮らす」という風習であることを突き止めた。「子どもの父」ではなく「子どもの母の夫」であることから、ラクサナに今の夫と別れオドーと結婚するよう勧める。

結婚式の日がやってきた。
これもタヴニアの風習により、夫となる男性は妻になる女性に愛を告白し、正当な理由を持ってめとることを出席者全員に納得させる必要があるのだった。
前の夫も参列するなか、オドーはラクサナへの想いを誠実に語り、結婚式は無事終了した。

演技ではなく本当のこととおもってやっていたオドーだが、ラクサナはオドーの元を去ることに。
ラクサナもオドーへの愛はあるものの、結婚することで二人の間の友情を壊したくないということで、ベタゾイドへ帰って行った。


■感想
めちゃくちゃ個人的な感想ですけど、新スタートレックの頃からラクサナが出てくるエピソードはあまりのめり込めないんですよね~。
SFっていうより、ただのコメディドラマになってしまっている気がして。
憎めないキャラではありますが、好きにもなれないという感じで。

恋多きラクサナ・トロイで、いろいろやり尽くした感があったものの、まさかいきなり妊娠したとくるとは思いませんでした。

ラクサナは単刀直入にものを言う性格なので、わりと煙たがられる場合が多いですが、オドーも似たようなところがあるからでしょうか、気が合うようですね。
オドーはオドーなりに真剣にラクサナが恋愛対象のようですし、ラクサナにしてもオドーの事を大切に思っ…

鏡あわせのジェニファー(スタートレックディープスペースナイン レビュー / EP4-19)

スタートレックDS9シーズン4のエピソード19。

ディープスペースナインで断続的に続いている平行宇宙エピソードのシリーズ。
シーズン2エピソード23「二人のキラ」、シーズン3エピソード19「鏡の裏のシスコ」に続く3回目となります。


(以下、ネタバレ含む)

■あらすじ
以前にシスコが訪れたことのある平行宇宙から、ジェニファーが訪れる。
(平行宇宙ではジェニファーが死んでいないが、シスコは死んでいる)
ジェニファーはジェイクを誘拐し、シスコが一人で平行宇宙に来るように仕向ける。

平行宇宙では、テラン(平行宇宙での地球人の呼び名)がテラック・ノア(DS9の旧称)を奪還していた。
スマイリー(平行宇宙のオブライエン)はテラック・ノア防衛のため、以前に盗んだ設計図を元に、ディファイアントを設計していた。
しかし、設計図通りに組み立てたがうまくいかず、シスコに助けを求めたのだった。

同盟(クリンゴン・カーデシアなど)の艦隊が迫る中、ジェイクを人質に取られたシスコは協力する。
ベシアは小さな爆撃機で時間を稼ぐための陽動作戦に出撃する。

シスコと、平行宇宙のオブライエン、ジェニファーにはある程度の信頼が生まれており、ジェイクを先に元の宇宙に返しても、シスコはディファイアント完成に協力するという取引が成立した。

ついにウォーフ率いる同盟艦隊がテラック・ノアに到着し、戦闘が始まる。
シスコはこの時点で元の宇宙に帰る約束だったが、ジェニファーたちを救うため残ってディファイアントの指揮を執る決心をする。
シスコの指揮でディファイアントの性能を活かした戦法と、予期せず帰還したベシアの援護で同盟艦隊を撃退することに成功した。

一方テラック・ノアでは、捉えられていたキラ(同盟側)が逃亡を図る。
逃亡途中に出会ったジェニファーは、キラにフェイザーで撃たれ、致命傷を負ってしまった。

テラック・ノアに戻ったシスコはジェニファーの最後を看取った。

■感想
新スタートレックまでは基本的に長いスパンで繋がっていくエピソードはなくて、前の事が言及されたりすることはあっても、基本的には途中から観ても分かるようになっていました(と思う)
でも、ディープスペースナインでは結構、今までのエピソードの内容が前提として出てきて、特にこの平行宇宙のシリーズは今回から観ても良く分からないでような気がしますね。

シーズン2エ…