投稿

クリスマス・プリンス(Netflix限定映画 レビュー)

イメージ
何気なく、Netflixオリジナルの映画「クリスマス・プリンス」を観てみたのですがこれが秀逸!
Netflixオリジナル映画の可能性を感じる作品でした。
ネタバレ無しでご紹介!

公式サイトの紹介文
大事な取材の対象は、とびっきりチャーミングな王子様。王室にもぐりこんだ記者を、世紀の特ダネと思わぬトキメキが待ち受ける!
うーん、なんかメチャメチャスピーディな展開を予想しちゃう元気な紹介文ですが、なんか実際に観た感じとイメージ違うなーと感じますね。

僕が一言で言うなら、「100%ベタなストーリーから生まれたピュアな感動」ってところでしょうか。

主人公はさえない女性記者。
とある国の王子のところに取材に行く。

うん、この2行でもう分かりますよね。(笑)
そしてもちろん、クリスマスという設定。 
Netflixの紹介画像でもドレス着ちゃって、王子と腕を組んでいる写真も出ています。
はい、そういうことですね。

非常にオーソドックスなお約束の組み合わせだけれども、なにもかもが丁寧に作られていて、悔しいけど、思惑通り泣けます。


以前からNetflix映画については、短めのワンアイディアのストーリーで、大作では無くてもキラリと光る良い作品ができそうだと思っていました。
ジャンルは違いますが、SFの「ARQ」、「スペクトル」などもそうですね。

「クリスマス・プリンセス」もほぼ限られた舞台や登場人物と、1時間半という時間の中でとても良くまとまった美しい作品になっています。

正直、これをなかなか映画館で観ようという気にはならないと思うんですよ。
観たら満足できたとしてもね、最初に観ようと思わない。
映画館に行くとなると、時間や費用に見合うものを観たいと構えてしまうので、もっといろいろ詰まった「失敗しないもの」を選びたくなってしまうんですね。

そうすると作る側もそれに合わせてきますので、必然的に超大作ばかりが並ぶことになりますよね。

Netflixだと最初のハードルがすごく低いので、とりあえず観てみようかなと思えますし、(良い意味で)小粒な、秀作が出てくるんじゃないでしょうか。

また、超大作映画だったら、周りの友人も観ていていろいろ語り合うのでしょうが、この映画は非常にパーソナルなものという印象があります。
必ずしも誰かと語り合う必要はなくて、自分の胸にしまってあれば十分なもの、…

Netflixドラマ、グリッチのシーズン2が2017/11/28から配信開始!

イメージ
いやー、すっかり忘れてました、グリッチ。
1年以上前ですよ、もう。
シーズン1の6話を一気見してはまりました。

なんというか、リアルなんですよね。
そりゃ、死者が蘇るとか荒唐無稽が全開になりがちなんですけど、グリッチって、こういう展開だともしかしてもしかしたらあり得ちゃったりするかも?みたいなリアル感が怖い。

そのくせお約束のちりばめ方がうまくて、まんまとドキドキしながら見ていました。

が、しかし、間が1年も開くと正直忘れますね。
でも、6話だから、もう一度シーズン1を見ても良いかな~。
スタートレックディスカバリーがお休みで暇だし。(笑)

深き森の奥へ(スタートレックディスカバリー レビュー / EP1-9)

スタートレックディスカバリー、シーズン1のエピソード9。
このエピソードでいったんの区切りとなり、次の放送は2018/1/7となるそうです。

ディスカバリーがスタートレックの新作としてどうなのかな、と疑いながらの視聴でしたが(笑)、気づいてみれば毎週楽しみにしていました。
しばらく新作が出てこないのが寂しい限りです。

(以下、ネタバレ含む)

■あらすじ
パーヴォに出現したクリンゴン船は、シェンジョウと戦った因縁の死者の船だった。
ディスカバリーを失いたくない艦隊司令部はロルカに退却命令を出す。
ロルカは表向きはワープドライブで退却をするが、実は胞子ドライブを使わずに時間を稼いでいた。
クリンゴンの遮蔽装置を破る手段が見つかり次第、戦場にもどるつもりだった。

ディスカバリーが採用した作戦は、クリンゴン船に上陸部隊を送ってセンサーを設置、133回の胞子ドライブのジャンプを繰り返して信号を観測することで遮蔽を見破るという方法だった。

上陸チームのバーナムとタイラーはセンサーの設置場所に向かう途中、捉えられたコーンウェル提督とルレルを発見。
タイラーはルレルの虐待により受けた精神的なショックが蘇り行動不能になってしまう。

バーナムはタイラーを置いてブリッジに潜入し、センサーの設置に成功した。
ディスカバリーは死者の船が遮蔽したのにあわせ、胞子ドライブでのジャンプを開始する。
しかし、ディスカバリーの行動を不審に感じたコルは撤退しようとしていた。
バーナムは時間を稼ぐため、名乗り出てコルとの一騎打ちに挑む。
次第に追い詰められるが、間一髪、ディスカバリーのスキャンが完了し、バーナムおよび、タイラー、コーンウェル、そしてルレルはディスカバリーに転送された。

遮蔽装置を無効化された死者の船はディスカバリーによって撃沈された。

ルレルはディスカバリーで捕虜となる。
バーナムはタイラーの心の傷を知るのだった。

無謀な数のジャンプを成功させたスタメッツは、最後の1度だけ、帰還の為のジャンプをすると言った。
しかしそのジャンプでトラブルが起こり、ディスカバリーは未知の場所に転送されてしまった。

■感想
ん~、個人的にちょっとイケテナイと僕が思ってしまうのは、133回のジャンプはかっこいいのに、わざわざ上陸チームがセンサーを設置しに行かなくてはいけないところ。
コーンウェルを救い出し、ル…

Firefox Quantumでアドレスバーに文字を入力したとき、履歴を候補に表示する

Firefox Quantumがリリースされました。
速いってんで使ってみたところ、本当に速かったので、長年使っていたOperaからメインブラウザを乗り換えてみました。

しかし、一つ不便なところが。
URLの入力欄(アドレスバー)に直接文字を入力したとき、ほかのブラウザって、今まで行ったことのあるサイトのURLを履歴から引っ張ってきて候補を表示してくれると思うんですよね。
僕はブックマークは数が多すぎると管理できなくなるのであまり使っていなくて、よく行くサイトは直接アドレスを入力しているのですが、Firefox Quantumでは履歴が候補として表示されないんです。

え~!って思って設定見てみたらありました。

「 メニュー」→「オプション」→「プライバシーとセキュリティ」の「アドレスバー」のところ。
「ブラウジング履歴」にチェックを入れると、設定完了です。
無事、アドレスバーに1文字でも入れれば、今までに行ったことのあるサイトのURLが候補に出てきます。

なんでこれがデフォルトなんでしょうね。
なんかセキュリティ的なもの?
それとも、みんなあまり使わないのかな。。。

レビュー:Bose QuietControll30を1年使った感想を書いてみよう

イメージ
BoseのQC30こと、「QuietControll30」を発売直後に買いましたので1年ほど、かなりヘビーに使ってきました。
1日3時間以上は使っていると思いますので、1000時間以上ですね。

長く使ったという視点から、再評価してみたいと思います。

■劣化を全く感じない 平日は毎日持ち歩いていますが、見たところ、どこか痛んでいるという感じはほとんどありません。
むしろ、キレイに拭けば、ほぼ新品でも通ってしまうのでは無いかと言うくらい。

本体に当たるネックバンド部分はやや弾力のある素材でコーティングされていて、さわり心地も良く、傷も付きません。
ケーブルは断線など心配していましたが、太くしっかりしており、カバーが裂けるというような兆候も1年では全くありません。
(それでも結局一番先に駄目になるのはケーブル関係かなとは思いますが)

イヤーピースも問題無しです。
Boseのイヤフォンは今までにいくつも使っていますがイヤーピースが駄目になったことはありません。

■バッテリーについて バッテリーはスペック上、10時間の連続使用が可能ということになっています。
実際は10時間も連続では使用しないので真偽は不明ですが、だいたい2日に1回充電しています。
6-8時間くらいは安心して使えているかと思います。
1年間使ってきてバッテリーのもちが悪くなったようには感じません。
多少劣化はあるのでしょうが、充電回数はまだ多く見ても200回は行っていないと思いますので、まだまだ当分は大丈夫かな。

■ノイズキャンセルの性能 なかなか他の製品と比べたりするのは難しいのですが、過去に使った事のあるBoseQC15、Parrot Zik2.0(いずれもヘッドフォンタイプ)との比較でいうと、明らかに上。
耳全体を覆うヘッドフォンタイプより、インイヤータイプの方が上というのは不思議なのですが、1つには、僕がメガネをかけているというのは有るかもしれません。
メガネをしているとどうしてもツルの部分がヘッドフォンと干渉しますので、裸眼の人より外のノイズが入りやすいような気がしてます。

とはいえ、Boseのインイヤータイプのノイズキャンセリングは、最初の有線式のQC20を店頭で試聴した時から驚くほどすごかったです。

遮音ということでいえば、耳栓タイプ(カナル型)の方が良い場合があります。
しかし、歩いている…

Boseの睡眠支援用ノイズマスキングイヤフォン - Bose noise-masking sleepbuds【Indiegogo】

イメージ
Boseがついに寝フォン界に進出!?
とはいっても、これはスマホの音楽などは聴けないので、あくまでより良い眠りのためのイヤフォンということになります。


見た目はいつものBoseらしい感じで、特徴的な羽がついていますね。
サイズはS/M/Lが選べるのもいつもと同じ。
Boseのイヤフォンのフィット感はほかの追従を許さない快適さなので、寝返りうっても安心でしょうか。


装着イメージ。
Boseのイヤフォンは比較的大きいものが多く、割と耳からはみ出しますが、本製品はもちろん耳にすっぽり収まるようになっています。

■Bose noise-masking sleepbudsとはなんなのか。 ・寝るときに使う
・安眠を妨げるノイズをマスキングする
・元々入っている10種類の環境音がきけるが音楽は聴けない

紹介動画で開発者の方がおっしゃっていますが、この商品は「多くの人の人生を変える」ものだそうで、確かにそうかもしれません。
睡眠の質が向上すれば生産性も上がるし健康にもなるし、いいですよね。

ノイズマスキングはノイズキャンセリングとは違うそうです。
ノイズキャンセリングは飛行機や電車などで不快になる音・音楽鑑賞の妨げになる音を反対の音波で打ち消す仕組みです。
ノイズキャンセリングは人の声などはあまり打ち消さないように調整されています。
対してノイズマスキングはいびきなど含め、睡眠の妨げになる周波数を打ち消します。
また、人間はより大きい音があるとその裏に隠れた小さい音は聞こえなくなるそうですが、このイヤフォンでは環境音を合わせて流すことでその効果を出すそうです。

ノイズマスキングは遮音・キャンセル機能とマスキング用の音声再生を合わせたものということでしょうね。

■収録されているサウンドの種類 Bose noise-masking sleepbudsには10種類の音が元々入っています。
とりあえず今のところ追加はできません。
内訳は、海の波、滝、雨、せせらぎ、風、田舎の夜、レッドノイズ、飛行機の客室、除湿器、スパ・ミュージック。
レッドノイズというのは、ホワイトノイズと似ているがもう少し激しいものとのこと。
スパ・ミュージックってのははやってるらしいけどよく分かりません。(笑)

■そのほか バッテリーはフル充電で2晩持つほか、充電機能付きのケースに収納することで1晩分充電できるとの…

Fitbit ChargeHRからCharge2に乗り換えたときに最初うまく同期できず。

イメージ
ChargeHRからCharge2に乗り換えました。
一応、Fitbitのアプリの仕様上は、ChargeHRもCharge2も同時にペアリングが可能です。
意図はよく分かりませんが、アプリに両方登録しておいて、日によってChargeHRを使うかCharge2を使うか、選べるような感じになっています。

まぁ、これはZipやOneとの組み合わせなら役立ちそう。
腕につけられない場合でもOneならOKというケースはありそうです。
例えば水泳の時だけ防水のAltaに替えるとか、ファッション的な意味で(?)Charge2とIonicを使い分けるとか、、、あんまなさそう。

それはともかく話を戻すと、アプリの仕様上は両方が共存できます。
しかし、両方がBluetoothの通信範囲内にあるとき、うまくペアリングやデータの同期ができないことがあるようです。
ダメじゃーん。

まぁあの、出かけている間はどちらかしか持っていないのが普通だと思うので、その日に使うトラッカーを選んで外で使っている分には平気なんでしょう。

結局僕は、同期ができなくなってしまって、アプリから一回Charge2の接続を解除。
そうしたら今度はアプリとの接続ができなくなってしまって、ChargeHRの電波が届かないところに移動したら接続設定が可能になりましたとさ。
なんか、もともとAndroidのFitbitアプリはちょっと不安定かなという気がしています。
もうちょっと安定してくれるとありがたいのですが。