投稿

ベルナルド・シルバとエデルソンの意外なつながり

マンチェスターシティのベルナルド・シルバとエデルソン・モラレス。
2017年の夏にそれぞれ別のチームから加入した二人ですが、実は共通点が。
それはポルトガルのベンフィカの下部組織で一緒だったということ。

ベルナルド・シルバはポルトガル人ですが、ブラジル人のエデルソンもベンフィカの下部組織にいたのですね。
ベルナルド・シルバは、2009年からエデルソンを知っていたそうです。

[ベルナルド・シルバ/公式サイトより抜粋]
みんな気づいていると思うけど、エデルソンは世界一のキーパーの一人だよ。

手でも足でも、とにかく落ち着いていて技術が高い。
もう一人のフィールドプレーヤーのような感じで、このチームのプレースタイルに完璧にマッチしている。マンチェスターシティではキーパーも足元の技術が求められるが、素晴らしい仕事をしているね。

歳が彼の方が1つ上なので、実はベンフィカでは一緒にプレーしたり同じドレッシングルームを使ったことはないんだ。
でも、別のグループで練習していたとしてもお互い知っていた。僕が14歳の時からの仲だよ。

彼のようなキーパーが後ろに居るのは、安心感があって心強い。世界屈指のキーパーだろうね。

エデルソンはベンフィカから一度出て、プロデビューし、戻りました。
一方ベルナルド・シルバはエデルソンが居ない時期にベンフィカでトップデビューしたものの、すぐにモナコに移籍してしまったということで、お互いのプレー時期は被らなかったのですね。

子どもの時からお互いに知っていた選手同士がこういうところで一緒に戦っているのはなにか運命を感じちゃいます。
ベルナルド・シルバはまだマンチェスターシティでの出番は少ないですが、層の厚い中盤で、最近では得点もとるようになってきたりして、出れば存在感を示せるようになってきています。

今後に期待しましょう!

アグエロはニューカッスルとの相性が抜群!

もちろん、「良く点をとる相手として」という意味です。

アグエロはマンチェスターシティに加入してから、ニューカッスル戦に11回出場し、11ゴールを記録しています。
さらにアシスト2回、アシストの元になったパス(アシストのアシスト?)2回と、14点に絡む活躍。
2015年10月の対戦では、なんと1試合に5ゴールをマークしています。
59.73分に1点のペーストいうことで、完全にお得様ですね。

シティ公式サイトよりグラフを引用

Sergio Aguero: Stats v Newcastle United
Infogram

アグエロは現在、マンチェスターシティでの公式戦得点数が188。
これはクラブレコードなのですが、今シーズン中に200点も見えてきましたね。
今週末の対戦もエティハドですので、アグエロの爆発を期待します!

デブライネがEAスポーツのFIFA TEAM OF THE YEARに選出

サッカーゲームのFIFAシリーズのメーカー、EAスポーツが発表したFIFA TEAM OF THE YEAR。
今年初めての試みらしいのですが、55人のノミネートの中から、ケヴィン・デブライネが選ばれました。
11人中6人が発表されていて、残りの5人は明日発表みたいです。

FIFA18、FIFA MOBILEで使えるようになるみたいですね。持ってないからよく分かりませんが。

So 💪. Well deserved place in the @EASPORTSFIFA Team of the Year for @deBruyneKev! https://t.co/QWQxWkpNhSpic.twitter.com/uHnjsGY6x0 — Manchester City (@ManCity) 2018年1月16日


他に選ばれたのは、アタッカーとしてメッシ、クリスチアーノ・ロナウド、ハリー・ケイン。
ミッドフィールダーでカンテ、モドリッチ。

・・・ん? イングランドとスペインだけなんですけど。。。
まぁ、こういうのバランスを取る必要は無いと思うが、何か政治的な力を感じてしまいますね。

2017年の現実世界での実績がベースになっていると書いてあるのですけど、だとすると、クリロナはどうなんだろう。
後半調子悪いよね。
・・・試合見てないからしらんけど。

あれです、結局、僕はシティの試合しか観てないから他はよく分かりません。
以上。(笑)

P.S. キーパーは未発表だけど、デヘアかな?

スタートレックディスカバリーのテラン帝国軍服

スタートレックディスカバリーはシーズン1のエピソード10で、鏡面世界に入り込んでしまいました。
鏡面世界のテラン帝国の人類は現実世界の人類とは違って非常に暴力的、帝国を作ってクリンゴンやバルカンを支配しているくらいです。

で、いろいろ違うのですが、服もワイルドになっています。

現実世界の艦隊ユニフォームは非常に機能的でシンプルなものとなっています。
一方テラン帝国のユニフォームは仰々しい、けばけばしいというか、派手です。

鏡面世界はオリジナルシリーズにも登場していて、今ほど派手では無いですが、金のラメラメの帯を締めていたりしました。
今回の胸の金のプレートデザインはこのあたりから取られているそうです。

また、胸にはみなそれぞれ異なったバッジを付けています。
これは勲章のようなもので、「ポイズンマスター」とか「50人殺し」などの武勇に応じたもの。
衣装製作のスタッフは、いろいろな武勇をリスト化して作ったそうですよ。
細かいところへのこだわりが素晴らしいですね。

マンチェスターシティ選手の公式Twitterアカウント一覧

マンチェスターシティの選手の公式Twitterアカウント一覧(一部インスタグラム含む)
間違いがあったらご指摘ください。

1 クラウディオ・ブラーボ
https://twitter.com/C1audioBravo

2 カイル・ウォーカー
https://twitter.com/kylewalker2
https://www.instagram.com/kylewalker2

3 ダニーロ
https://twitter.com/2DaniLuiz

4 ヴァンサン・コンパニ
https://twitter.com/VincentKompany
https://www.instagram.com/vincentkompany

5 ジョン・ストーンズ
https://www.instagram.com/johnstonesofficial/

7 ラヒーム・スターリング
https://twitter.com/sterling7
https://www.instagram.com/sterling7

8 イルカイ・ギュンドアン
https://twitter.com/IlkayGuendogan

10 セルヒオ・アグエロ
https://twitter.com/aguerosergiokun
https://www.instagram.com/aguerosergiokun16/

15 エリアカン・マンガラ
https://twitter.com/Elia22Mangala
https://www.instagram.com/Eliamangala/

17 ケヴィン・デブライネ
https://twitter.com/DeBruyneKev

18 ファビアン・デルフ
http://instagram.com/FABIAN_DELPH

19 リロイ・サネ
https://twitter.com/LeroySane19
https://www.instagram.com/leroysane19

20 ベルナルド・シルバ
http://twitter.com/BernardoCSilva
http://instagram.com/bernardocarvalhosilva

21 ダビド・シルバ
https://twitter.com/21LVA

22 バンジャマン・メンディ
https://twitter.com…

内なる狼(スタートレックディスカバリー レビュー / EP1-11)

スタートレックディスカバリー、シーズン1のエピソード11です。
シーズン1の終盤に向けてこれから盛り上がっていきますよ!(多分)

(以下、ネタバレ含む)

■あらすじ
バーナムが手に入れたUSSディファイアントの情報は、データが大きすぎてバーナムの手元では解読できず、帝国のファイアウォールを抜けてUSSディスカバリーに送ることもできなかった。
受け渡し方法を模索しながらISSシェンジョウで過ごすうち、バーナムは帝国に染まっていく自分を感じるのだった。

帝国は帰還したバーナムに反乱軍の基地の攻撃命令を与える。
平行宇宙とはいえ、無駄に殺生をしたくないバーナムは、命に背き、軌道上からの爆撃では無く上陸作戦を選択。
反乱軍と取引し、偽装して逃がす計画を立てた。
バーナムたちの宇宙では反目している種族が、反乱軍としてどうやって連合しているのかをさぐり、それを持ち帰って、自分たちの宇宙での和平に役立てたかった。

しかしうまく行きかけた交渉の場で、タイラーが暴走してしまう。
何とかその場は収めたが、帰還し、タイラーが改造されたクリンゴンであることが判明する。

バーナムを襲ったことで死刑にされることになったタイラー。
バーナムはこの機会を利用し、タイラーにディファイアントのデータを持たせ、ディスカバリーに届けた。

バーナムは反乱軍が退去するまで爆撃を待っていたが、帝国の艦が割り込み、爆撃を行ってしまった。
愕然とするバーナムに通信してきた皇帝は、ジョージャウだった。

■感想
いやー、盛り込みましたね。

まず一番の大問題のタイラー。なんと実はクリンゴンらしいです。
ロルカと一緒に逃がしてスパイ的に使う前提だったのでしょうか。

フェデレーションでも異星人への整形技術はありますが、クリンゴンのは痛そうですね。
見た目の整形だけではなく、記憶も操作されているようですね。
それが、鏡面世界での自分と出会って蘇ったと。
タイラーが残るのかどうなのか、これは気になるな。

それにしても、遺伝子の検査などすればわかるはず。
ディスカバリーは新しいクルーが入るときに健康診断をしないのでしょうか。

次にスタメッツ。
ティリーが胞子を使った独自の理論で治療を試みます。
失敗→死亡と思いきや、復活したらしいですね。
スタメッツはディスカバリーに必須のキャラだからな~、そう簡単に退場してもらっては困ります…

アレクシス・サンチェスに複数のビッグクラブが興味?

モウリーニョは、「アレクシス・サンチェスには、他のビッグクラブも興味を持っていて当然だ」と認めました。
チェルシーがサンチェス獲得レースに参戦する(している?)ようです。
ガーディアン紙が報じました。

2017年の夏にマンチェスターシティに移籍か?
 ↓
契約切れになる夏に変更か?
 ↓
やっぱフォワード足りないから、2018年冬に前倒しか?
 ↓
マンチェスターユナイテッド参戦で移籍金高騰、シティはあきらめる?
 ↓
チェルシー参戦?(←イマココ)


という感じです。
チェルシーのコンテ監督はユヴェントスの指揮官時代、ウディネーゼに所属していたサンチェスの獲得を試みたことがあるそうで、評価はしているとのこと。
本来であれば8000万~9000万ポンド(122億円~137億円)くらいの価値があると認めているとのことで、そう考えれば今は破格の安さでしょう。

しかしネックは給与。
アザールの倍近くなるらしく、チーム内のバランスも考える必要があります。

モウリーニョは相変わらずですが、「彼はアーセナルの選手だ。彼が残りたければアーセナルにとって良いことだ。うちに来るならうちにとって良いことだ。他に行くならそこにとって良いことだ」だそうです。(笑)

ユナイテッドの強みとしては、ムヒタリアンとのトレードをセットにしているらしいこと。
アーセナルもただサンチェスを失うわけにもいきませんので、これは魅力的かもしれません。

こうなってくるとちょっとマンチェスターシティに来ると言うことはなさそうかなという雰囲気ですね。
フタを開けてみるまで分かりませんが。