投稿

CNNリスニング検定 プレテスト

「CNN English Express」という月刊誌を出している朝日出版社が、新しい英語のリスニングテストを開発中だそうです。
その名も「CNNリスニング検定」。
で、プレテスト(モニター?)とやらに応募して当選したので、受験してきました。

内容を公にするな、みたいなことは言われてないので、いろいろ書いてみます。
まぁ、基本的にまだ始まってないテストのお試しなので、もし今後本格的にスタートするとしても、内容は変わる可能性は十分あるでしょう。

■どんなテスト? CNNで放送された音声が問題文として使われる、100%リスニングのテストです。(リーディングセクションなどは有りません)

Part1からPart5に分かれていて、プレテストは35分程度の受験時間でした。

Part1は、流れた音声の中で使われたフレーズを言い換える問題。
Part2は特殊で、音声を元にディクテーション(穴埋め)をする問題。
Part3以降は流れた音声の内容を問う問題に4択で答える問題形式でした。

ディクテーションのPart2だけ、音声が2回読まれますが、その他のPartは1回のみ。
Partが進む毎に、問題の文は長くなり、1つの問題文に対する質問も増えたりします。

■音声のスピード、音質とか CNNで放送された音声そのままなので、スピードは速めです。
(TOEICよりは確実に速いです)
さらに、背景音が入って居たり、レポーターの音声はやや音質が低かったりします。
また、インタビューもありますので、ナレーターが読む問題文とは違い、あまりクリアで無い発音も聴き取れる必要があります。

今回のプレテストでは、Part5では、かなり問題文が長く感じました。
計ってないけど、2分くらい? もっとあったかも?
そのあいだず~っとしゃべり続けているのを聴いて、3問の問題に答える必要がありました。

■難易度 めっちゃ難しかったです。
僕はTOEIC905点(リスニングは最高で480点)なんですが、まったく歯が立った気がしません。(^_^;

ニュース英語なので、TOEICよりも一段階上のリスニング力が必要ですね。
テーマも、政治的なもの、自然災害、イギリスのロイヤルウェディング、アルツハイマーなど多彩で、背景知識も必要でしょう。

また、僕はTOEICでは問題文の先読みをあまりしないのですが、このテストは問題の英…

Kindle Unlimitedおすすめ:ハリウッドスターの英語 EJ編集部精選シリーズ

イメージ
英語教材の大手、アルクが出している英語学習用月刊誌English Journal。
この雑誌では、海外の有名人のインタビューが毎号収録されています。
そのバックナンバーから10本、約66分のインタビューが凝縮されたのが本書。

映画の台詞と違うので、英語の聞き取りやすさという意味では、難易度はそこそこ高いものが多いです。
ただこの辺は使う人の興味にも寄りますね。
映画が好き、その俳優が好き、という人にとっては聞き取りやすいかもしれません。

逆に、映画や俳優に興味の無い人にはなかなか難しい教材です。
そういう人は手に取らない方が良いでしょう。(笑)

教材向けにスタジオ録音されたのとは違う、会話英語らしいスピードや息継ぎ、手加減無しの語彙など、しっかり取り組めば力は相当付きますけどね。

ちなみにこのシリーズ、ハリウッドスターが3冊、英国編が1冊、ロックスターが1冊と結構な数が出ており、すべてUnlimitedに入っています。
趣味が合う方は是非利用したいですね。

Kindle Unlimitedおすすめ:BeNative! ITの英語

イメージ
Kindle Unlimitedで読める、英語学習用の本です。

スマホアプリも作っている、BeNative!から生まれた書籍、2016/12月出版です。
ビジネスパーソンのインタビューやプレゼンテーションを素材にした教材で、いわゆるスタジオ録音された教材用ダイアローグと違い、リアルな英語を聴くことが出来ます。

ニュース英語とも違い、しゃべりのプロでは有りませんので、言葉を選びながらしゃべっていたり、言いなおしがあったりというところも、こういう教材の良さですね。

まぁ、そんなわけなので、難しめではありますが、取り組む価値はあります。
型どおりの教材に飽きた方には良いスパイスになるでしょう。

これはIT編ですが、金融編もあり、そちらもUnlimitedに入っています。

Kindle Unlimitedおすすめ:English Journal 2018年4月号

Kindle Unlimitedでおすすめの、英語学習の為の本を紹介します。
おなじみ、アルクの月刊誌、English Journal。
2年ほど前のものからかな、紙版よりも1月遅れてUnlimitedに入るようになりました。

2018年4月の最新号は5月号ですが、Unlimitedでは4月号が読めるということですね。
もちろん音声はアルクのサイトからダウンロード出来ます。

ひと月遅れとはいえ、Kindle版で1200円する本誌、これを毎月読むだけでもUnlimitedの元が取れてしまうと言う素晴らしい本です。

English Journalは有名人のインタビュー、ニュース、ネイティブの会話など、教材として作られた音声では無い、生の英語が多く含まれているのが特徴です。
教材として作られた台本よりも面白く、実践的。
ただし逆に言えば難易度は高め。
一応、TeaTimeTalkというエッセーのコーナーなど、入りやすいところもありますので、全部やろうとするのではなく、レベルに応じて出来るコーナーに取り組むのが良いかと思います。

(毎月全部を完全にこなすレベルだと、TOEIC満点とかそういうくらいのレベルかと思います)

これが毎月読めることはUnlimitedに加入する大きなインセンティブですね。
オススメです。

slick.jsで「TypeError: _.$slides is null」というエラーが表示される場合。

スライドが簡単に実装できるjQueryプラグインslick.js。
この間使っていたら「TypeError: _.$slides is null」というエラーが表示されてしまいまして、一瞬ハマりました。

しかし原因は簡単なこと。
同じ要素にslickを2重に実行しているというものでした。

スクリプトを整理していて、書く場所を変えたときに、元のを消していなかったのでした。

教訓:一つの要素にslickは一回。

TOEICで990点を目指すリスニング

過去1年間で2回受けたリスニングパートの得点は、

2017/04:480点
2017/10:455点

でした。
新しいほうがちょっと下がっちゃってるのはご愛敬。
まぁ、自分でも悲しんでいるのでそこは突っ込まないで。
とはいえ、この程度はスコアの誤差と当日の調子の範囲かと思います。(^_^;)


■リスニングで満点を取るための戦略 リスニング495点を目指すにあたり、作戦を考えました。

まず、時間さえあれば読み返せるリーディングと違い、リスニングは一度聞き逃すと終わりです。
(そのためか、全問正解でなくても満点が出るようではありますが)

一応、満点を目指すレベルなら、語彙や文法などはおおむね問題ないと仮定します。
そして、仮にすべての問題を2回聞くことができれば全問解ける自信があるという前提に立ちます。
そうすると結局のところ、問題となるのは集中力なのです。

45分間のリスニング全体を、集中力を維持して臨むにはズバリ、「楽に聴けるようになる」ことが必要だ、という結論に達しました!

全力で45分間集中し続けることは難しいですね。
なので、ギリギリの力で聞き取れるのではたぶんダメなんです。
余裕で聞き取れる耳が必要!

■余裕で聞き取れる耳を作るには 重視したいのは2点。

1.スピード
2.アクセント

です。

最近はスピードを変えてリスニングできるアプリなんかがありますので、模試の素材とかを入れて、早回しで聴く。
おすすめのアプリは、「ALCO」もしくは「語学プレーヤー」です。
ただ聴くだけではなく、ディクテーション、オーバーラッピング、シャドウイングもしましょう。
1.5倍・2倍でのシャドウイングは相当負荷の高い、いい練習になります。

これになれるとノーマルスピードの音声が非常に遅く感じられるようになります。
聴くのも楽だし、なんなら聴きながら問題を読んじゃう余裕だってでますので、スピードを上げてのリスニング練習はおすすめです。

アクセントについては、日本人だとどうしても圧倒的にアメリカ発音に慣れているはずです。
最近ではイギリス発音の教材も多くなってきたので、この辺は攻略しやすいと思います。
またカナダ発音はアメリカ発音に近いと感じますので、少なくとも僕はあまり対策の必要を感じませんでした。

一番難しいと感じるのはオーストラリア発音。
模試をやってみても、問題は解けたと…

Firefoxで、別ページから飛んできたアンカーリンクの位置がずれる問題の対策

Firefoxでアンカー付きで別のページに移動したときに、ページが正しくない位置にスクロールするという現象が発生しました。
A.htmlページ内のリンクで、「href="B.html#anc1"」などとなっていて、クリックすると、B.htmlのanc1の箇所が表示されないということです。

この現象、ググってみると、同じような症状の報告が結構古くから有るようです。
Firefoxに以前から存在する問題なのかも。

ただし、古くから報告されている問題が、現在発生している問題と同じものかどうかは分かりません。
現象が同じでも原因が違うことは考えられます。

当然もともと発生しない場合もあるし、「こうするとなおる(かも)よ」というアドバイスはいろいろ出てきます。
しかし、いくつかの方法を試しても今回僕が遭遇した現象は解消しなかったのと、いちいち原因を考えるのもしちめんどくさえので、一気に解決できるJavaScriptを組んでみました。

■■==スクリプトここから
 window.onpageshow = function(){
  //ページのURLからアンカー部分を取得
  var myhash = $(location).attr('hash');
  if ( myhash.length > 1 ) { //アンカーがあった場合
    if($(myhash).length){ //アンカーに対応するidの要素があった場合
      var nScrolltop = $(window).scrollTop();
      var nOffset = $(myhash).offset().top;
      //現在のスクロール位置とアンカーに対応するidのY座標(本来有るべき位置)を取得
      if( Math.abs(nScrolltop-nOffset) > 5 ) { //2つの位置の差が5以下の場合
        //本来有るべき位置に調整
        $(window).scrollTop(nOffset);
        console.log("調整しました");
      } else {
        console.log("調整の必要なし&qu…